AX

暑さ対策10



 

・絶対にしなければならない暑さ対策

地球温暖化の影響なのか年々夏の暑さが厳しくなってきています。

今年は特に暑く、連日猛暑日が続き、埼玉県熊谷市ではなんと史上最高気温41.1度を記録しました。

熱中症で病院へ運ばれる方や亡くなってしまう方も増えていて、何も暑さ対策をしないままでは危険なレベルです。

なのでここでは出来るだけ簡単に出来る暑さ対策をいくつか紹介してみたいと思います。



 

・意外と役に立つ100均アイテム

手っ取り早く暑さ対策をしたい時に便利なのが100均のアイテムです。

100均のアイテムなんかでこの暑さがなんとかなるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、意外と便利な暑さ対策グッズが揃っているんですよ。

アイスノンのように冷蔵庫で冷やしておくと長時間冷たさが続くものだったり、飲み物などを冷たいままにしておくために便利な保冷バッグなども100均で買うことが出来ます。

冷感タオルのようなちょっとだけひんやりとした冷たさを感じさせてくれるものもあれば、冷却ジェルのように体温を下げたい時に体に貼ってすぐ効果があるものもあります。

店舗によっては暑さ対策専用コーナーが設置されていたりするので、一度見に行ってみるのをお勧めします。

 

・車内の温度を下げたい

窓を閉め切った車内に入るとむわっとした暑さになっている事ってありますよね。

こういう時期だけバイクが羨ましくなりますが、そうも言っていられないので簡単に出来る車内の熱を逃がす方法を紹介したいと思います。

方法は簡単で、助手席側の窓を全開にして運転席側のドアを数回開け閉めするだけです。

こうする事で車内の熱が助手席側の窓から出ていってくれるので車内のむわっとした熱が外の空気と入れ替わるのです。これで外と同じ程度まで車内の温度を下げる事が出来るので、そのあとにクーラーなどを使うと良いでしょう。

この方法は家でもする事が出来て、例えば2階以上の部屋は暑くなる事が多いですが、部屋の窓を開けて数回部屋のドアを開け閉めすると多少暑さが和らぎます。

車とは広さが違うので効果は車ほどではありませんが、リビングなどでなければ多少なり効果はあるのでやってみても良いかもしれません。

 

・本格的な冷却グッズ

こんなものじゃ全然足りないという方はアマゾンなどのネット通販を利用して本格的な冷却グッズを入手してみてはいかがでしょう。

例えば外や工場で仕事をしなければならない人やゴルフやディズニーランドへ遊びに行く人のように暑い中で長時間歩いたりしなければならない人には服の中の空気を入れ替える事ができる扇風機をお勧めします。

服の中は熱がこもりがちなので扇風機で入れ替えるだけでかなり涼しくなるんです。

残念ながらレディス服などには合わないかもしれませんが、女性でもどうしても暑さが耐えられないという人は使ってみても良いかもしれません。



 

・どんな場所でも注意が必要

いかがでしたでしょうか。

今年の夏は異常なまでに暑いです。8月になるとさらに暑さが増す可能性もあります。

出来るだけ屋外は避けて、運動をしたくなったとしても外ではなく体育館やプールへ変更したり、屋外の遊園地ではなく室内で楽しめる所に変更した方が安心安全です。

それに加えて暑いのは人間だけではありません。

もしペットを飼っている人がいれば、ペットも暑くないか様子を見てあげてください。

犬や猫はもちろん、ハムスターや小鳥でも暑さにやられるかもしれません。

出来る限り様々な事に注意して今年の夏を乗り切りましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*